fasting-girl-8
最近テレビのCMで研ナオコさんが出演しているレダの酵素121℃。インパクトがあるので気になっている人もいるのではないでしょうか?一体どんな酵素ドリンクなのか調べてみました。その特徴をまとめています。

わずか8kcalの低カロリー酵素エキス

酵素を作るためには数種類の植物素材を発酵させる必要があるんのですが、その際に、一般的な酵素は微生物のエサになる砂糖を大量にいれて発酵させます。その為、どうしても高カロリーになってしまう傾向があります。

ダイエットにチャレンジしているときはなるべくなら低カロリーの商品を選びたいものです。

その点、酵素を大量に生み出す菌類を使用した、主成分微生物発酵代謝エキスを含むレダの酵素121℃は、100gあたりわずか8kcalの低カロリー酵素エキスを実現しています。

低分子による高い吸収性

元々酵素というものは、分子が大きくて吸収性が低く、たくさん飲んでもあまり効果が得られず効率が悪いことがネックになっていました。

そこで、レダの酵素121℃の製造では、独自に開発した特許製法によって分子量が500以下の超低分子酵素を作り出すことに成功。これまでの酵素とは違い吸収性が高く、効率よく効果を得られるようになっています。

高温でも死滅しない耐熱性

熱に弱い性質がある酵素は、製品を作る工程で加熱処理されることで、そのほとんどが死滅してしまいます。レダの酵素121℃には、この酵素の弱点を解決するために開発された耐熱性の高い酵素をが使用されています。耐熱試験を行い、121℃の高温でも30分間耐えることができた、高温でも死滅しない耐熱性の高い酵素使用しています。

胃酸にも負けない耐酸性

酵素は熱だけでなく酸にも弱いので、胃の中に到達すると胃酸に負けてしまい、ただでさえ熱処理で数が減った酵素がさらに減ります。これではせっかく耐熱性の高い酵素を取り入れても無意味です。でも、レダの酵素121℃の酵素には、PH1.2といった強力な酸でも耐えられる耐酸性があるため、胃酸にも負けず生きたまま腸まで届きます。

有用成分もたっぷり配合

レダの酵素121℃には、酵素が持つ弱点を克服した発酵力の高い酵素だけでなく、72種類の天然ミネラル栄養素、ポリデキストロースという水溶性食物繊維、酵母エキス、ビタミンB2・B6などの有用成分がたくさん配合されています。




スポンサーリンク



スポンサーリンク