二の腕が太い人と細い人の違いとは?

夏の季節が近くなると、気になってくるのが二の腕です。

私は何年ノースリーブの洋服着ていないだろう?

このまま着ることはないのだろうか。。。

今回は、その気になる二の腕についてです。

同じような体型なのに、二の腕が太い人と細い人がいますが、この違いについてTBS「この差って何ですか?」で、専門家が解説。

専門家の話によると、なんと!肩が前に出ているか出ていないかのちがいだと言うのです。

そんなことで???

番組では、二の腕が太い人と細い人の2人に真っすぐ立ってもらい測定してみることに。

すると、二の腕が細い人は、肩から足までを線で引くと真っ直ぐで肩が前に出ていません。

ですが、二の腕が太い人は、肩から足まで線を引くと、姿勢が悪く肩が前にでてしまいます。

前に肩が出るとなぜ二の腕が太くなるのか?

二の腕は上腕二頭筋と上腕三頭筋の2つの筋肉で成り立っています。

上腕二頭筋は物を持ったりする時に使われる筋肉で良く使います。

ですが、上腕三頭筋は日常であまり使われない筋肉のために脂肪が付きやすいのだそうです。

肩が前に出ている人は、上腕三頭筋をあまりつかわないので脂肪がついてしまっている人が多いと言うのです。

また、近年スマートホンやパソコンの普及により、つい前屈みになりがちなことも悪い要因と考えられるそうです。

パソコンで仕事したり、携帯でメールを送るのは、日常てきな事。現代では生活習慣です。

そこで、上腕三頭筋を鍛えるストレッチを番組では伝授!

上腕三頭筋を鍛えるストレッチ

  1. 椅子に座ります。
  2. 両腕を前に出してくっつけます。
  3. 次にその腕をはなして背もたれの後ろに持っていきくっつけます。
  4. そこに、雑誌を挟み落ちないように持ち20秒キープします。
  5. 1回20秒を朝晩3セット行いましょう。

ちなみに番組では、先ほどの二の腕が太い方の女性が2週間行いました。すると右腕が-2cm、左腕は-1.5cmと細くなりました!!

もちろん、個人差はありますが、2週間でこの成果、これから薄着になる季節がやってきます。やってみる価値はありそうですよね♪





スポンサーリンク



スポンサーリンク