ダイエットや健康維持のためにジョギングやウォーキングを実践している人も多くなりましたが、ダイエット目的でジョギングしていて「あまり痩せてない・・・。」と感じている方は、走り方に問題がある可能性があります。

スポーツ科学の権威 桐蔭横浜大学大学院スポーツ科学研究科 桜井智野風先生がTV番組「林修の今でしょう講座」で伝授!効果的に脂肪を燃やす痩せるジョギングの走り方を紹介します。

ジョギングしているときあなたの腕はどうなってる?

j-1

ジョギングする時、あなたの腕はしっかり振られていますか?しっかり振って走っているという方!実は、腕を前に振ってもあまり効果はないそうです。

走る時、腕を前・後に大きく振ってしまうと言う方が多いかと思いますが、桜井先生の話によると、ジョギングやウォーキングをするときは、腕を後ろに大きく振ると脂肪を効果的に燃焼させることができるそうです。

体に良いのは、腕を前に振るよりも後ろに大きく振ることが大切。肩を振るのではなく、腕を後ろに大きく引くと意識すると良いそうです。そうすると自然に膝が動きだします。

実は私たちのカラダの筋肉はいろんなところで繋がっています。腕を後ろに大きく引くことで、背中、腰、お尻、足、などの他の筋肉を使うことができるのでダイエット効果が高くなり、さらに肩こりや便秘改善にもつながるそうです。また、そのときの手は力を入れないで、軽く握る感じで走りましょう。

どんなに走っても脂肪は空腹では燃焼しない!?

食事はジョギングした後に摂りますか?それともジョギングの前に食べますか?ジョギングして効果的に脂肪を燃焼させるための効果的な食事を摂るタイミングがあります。

脂肪は体に蓄えられた燃料。例えると薪のようなものですが、薪だけでは自ら燃やすことはできません。薪を燃やすためには着火であるマッチが必要になります。

脂肪も同じで着火するマッチが必要になります。そのマッチの役割をするのが炭水化物などの糖質です。つまり脂肪だけ使って脂肪だけを燃やそうとしてもそれは無理なんです。

脂肪を燃やすためには炭水化物(糖質)が必要になります。そのため、ジョギングして効果的に脂肪を燃焼させるなら食事するタイミングはジョギングの前に食べる方がダイエット効果が高いと言う事になります。明日から食事をしてから走るようにしましょうね。

ただし食べた直前ではあまり効果がありません!

しかし、食べた後すぐに走ってもあまり効果がありません。では、食事をした後、どのくらいのタイミングで走るのが良いのかと言うと、食べた糖質が消化・吸収されて体に届けられる1時間~2時間位経ったタイミングで走るのが効果的なんだそうです。

そんなに待てない!という方はバナナがおすすめ。バナナは直ぐに消化されます。スポーツ選手がよく運動しながらバナナを食べている姿をテレビでも見ますよね。バナナは消化が早くすぐに糖質に変わり脂肪を燃焼させるので運動する時に効果的な食べ物です。

では、炭水化物抜きダイエットは効果がないのか?

そうなると、今ブームの炭水化物抜きダイエットは効果がないのか?

桜井先生の話では、走っていることを前提に考えたダイエットの場合の話で、糖質を摂取していないで走ると脂肪を燃焼する効果は落ちるとのことでした。運動が絡んだダイエットには必ず糖質が必要なので糖質を摂取してから走るのが効果的なんだそうです。

さらに効果的な方法!走る前に筋トレをすす

その他にも効果的な方法があります。それは走る前に筋トレをする方法です。筋トレをすることで、脳に「エネルギーを下さい!」と指令をだします。すると脳はそれにこたえて、足りないエネルギーを作るように命令します。

本来、糖質が無いと燃えない脂肪を燃えやすい状態に変えてしまうのです。そのため、筋トレしてから走ると効果的になります。

高齢者や初心者でも出来る走る前の簡単筋トレ!

しかし、筋トレと言うとハードで辛いイメージですよね。そこで高齢者や初心者でも簡単に出来る筋トレを桜井先生が伝授してくれました。

お相撲さんがやる四股!

大きく足を開き、つま先を外にしてしゃがんで立つ。これは股関節の周りを動かすことで太もも、お尻、股関節の筋トレにもなり走る前に準備運動に効果的。目安は5回程度。※つらい人は、物につかまったり、ひざに手を置いても大丈夫です。
sumou

どの位走るのが効果的?

走る時間は合計で30分くらい。でも、15分走って少し休んで、また15分走る方法でも少し休む位は一度燃えはじめた脂肪は継続して燃焼してくれるので、休まないで30分走るのとほぼ効果は変わらないそうです。
ただし、1回の休憩は1分か2分程度で、30分のジョギングなら3回程度休むなら大丈夫だそうです。

上手な水分補給方法

j-2
ここで、重要なのが水分補給!ジョギング中の水分補給は水分だけでは不十分です。塩分も補給することが大切。塩分は私たちの体を動かす為には大切な役割をおこなっています。脳からでた命令は電気によって筋肉や各器官に伝えられます。その時、仲介しているのが塩分です。

ですが、走ると沢山の汗によって塩分も体の中からでてしまいます。その結果、頭痛、吐き気、痙攣が起こってしまう。ですので走っているときの水分補給は、人間の体と同じ位の塩分が含まれているスポーツドリンクがおすすめです。また5℃位の少し冷たいと感じる温度が吸収が良いそうです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク