h-16

ダイエット中にお酒は太るって本当?
また、ダイエット中の太らないお酒の飲み方を知りたい。
お酒が大好きな人にとって、「ダイエット中にお酒を飲むのはどうなんだろう・・・?」と、気になるとこです。

お酒は人間の体にとっては有害なものといわれ、健康診断などで悪い数値が出ると必ず指摘されるのが「お酒」です。健康や美容には良くないだけではなく、さらに太る原因とも言われ、お酒が悪者のように言われ、お酒好きの人にとっては全く合点がいきません。

仕事や人間関係など日常で抱えるストレスをお酒で解消している!そんな方も多いのではないでしょうか。お酒を我慢してストレスを抱えたままと、お酒を飲んでストレスを解消するのと、一体どちらがカラダに悪い影響を及ぼすと言うのだろう?そこで、酒好きな私がお酒と上手に付き合う方法を調べることにしました。

お酒は本当に太るのか?

まずは、脂肪ではないアルコールがなぜ太ってしまうのでしょうか?そんな疑問を少し調べてみると意外なことがわかりました。

お酒が体脂肪になることはほとんど無い

なんと!アルコールが体脂肪になることはほとんど無い・・・という説です。

説明すると、アルコールを分解している臓器は肝臓になります。その肝臓はアルコールの分解だけではなく、そのほかのにも多くの役割をしています。その一つが脂肪の分解です。

実は、肝臓は分解する優先順位があります。最初に分解されるのがアルコールです。そして、次に脂肪が分解されます。そのため、お酒の種類にもよりますがお酒が体脂肪になることはほとんど無いんだそうです。

ただし、お酒の種類によります。米、麦、ぶどうなどを発酵させてつくるビール、日本酒、ワインなどは醸造酒と言い、糖質やたんぱく質が含まれていてカロリーが高いので太りやすいお酒と言えます。

ですが、焼酎、ウイスキー、ブランディなどの蒸留酒は、アルコール以外エネルギーとなるものが含まれていないので太りにくいお酒といえます。

では、なぜ太るといわれているのか?

太ると言われる主な原因は、おつまみの食べ方です。アルコールを飲むと満腹中枢を抑える作用があります。そのため、お酒を飲む時のおつまみをたくさん食べてしまう傾向になります。

ですので、太らないようにお酒と上手に付き合うにはおつまみに、揚げ物、お肉など高カロリーの食べ物は極力控えましょう。

お酒と上手に付き合うポイント!
  • お酒は毎日飲まないで禁酒日を週に3日はもちましょう。
  • 一緒に食べるおつまみは、カロリーの低い野菜や豆腐などを選んで食べるようにしましょう。
  • お酒を飲むときは、お酒と同じ量のお水を飲みましょう。実は、二日酔いは脱水症状による水分不足が原因。二日酔いを未然に防ぐためにも水分を摂るようにしましょう。

また、アルコールを分解し体の中から排除するためには大量の酵素を消費してしまいます。大量の飲酒はなるべく避けたほうがいいでしょう。最初は辛いかも知れませんが、上手にお酒とも付き合い健康的にやせましょう!




スポンサーリンク



スポンサーリンク