fasting-girl-4酵素ダイエットを始めたのはいいけど・・・
●1日1食の置換え法でも痩せない!
● 月に1度のプチ断食も一瞬しか痩せない!
● 毎日酵素サプリを飲んでいるのに変化がない!

このように・・酵素ダイエットを実践してもなんだか思うように痩せないヨ!と、言う方も多いのではないでしょうか。その原因の一つに、酵素ダイエットを間違って理解していることが考えられます。

酵素ダイエットというと、酵素ドリンクを飲んでプチ断食や置き換えをすれば痩せると思っている方も多いのですが、極端な話をすれば酵素を飲んだからと言って痩せるわけではありません。

酵素ダイエットの目的は、消化・吸収、エネルギーに変える代謝に必要な体内酵素の無駄遣いを防ぎ、腸内環境をきれいに整え、体内で酵素をつくりやすい環境にすることです。それによって、太りにくい体質に変えていくことができます。

それだけ酵素は大切な役割をしていますが、カラダの中で作られる体内酵素の量は、20代をピークに加齢とともに減少します。老化現象ですから、これを完全に止めることはできません。

体内で作られる酵素の量を増やすことは簡単ではありませんが、ですが、現在の状況をなるべく維持する為に酵素の消費を防ぐことは可能です。つまり酵素の無駄遣いをしないことです。

では体内酵素の消費を防ぐポイントを紹介しますので、これを守りながら正しい酵素ダイエットのやり方を実践してください。継続して行うことで太りにくい体質に変わってゆくことを実感できると思います。

back-001

ポイント1画像 体内酵素を温存するために食べ物の食物酵素を摂る!

h-01
限られた体内酵素の消費を防ぐために体の外から酵素を補いましょう。それが食物酵素です。食物酵素とは、食べ物が持っている酵素のことですが、食物酵素は熱に弱い性質をもっているので、加熱調理をしてしまうと酵素が減少してしまいます。加熱されてない生の野菜・果物・海草、また発酵食品に酵素が豊富に含まれています。

食物酵素を食事のときに摂取することで、食べ物の消化を助けてくれるので体内酵素の消費を防げます。また、生の野菜・果物・海草に含まれているビタミン、ミネラルはダイエットには欠かせない栄養素です。

さらに、ビタミン・ミネラルは酵素を作るとき必要な補酵素でもあります。出来れば毎日、3食ごとに生の野菜や果物を食べて食物酵素を補給してください。お弁当や外食など生の野菜が食べれないときは、酵素サプリなどを上手に活用して酵素を補うようにしましょう。

ポイント1画像 最も注意が必要な食べ過ぎ・飲み過ぎ

h-01

食べたものを消化する時に酵素が使われていますが、暴飲暴食や食べ過ぎなどの行為をすると消化するためだけに大量の酵素が使われてしまいます。その結果、新陳代謝などに使われる酵素が不足し脂肪を分解・燃焼できず蓄積してしまいます。対策方法は腹八分目で食事をすることです。

しかし、好きなだけ食べていたところ、急に腹八分目で抑えるのは難しいのが現状です。ですが、たった2つ実践するだけで食べ過ぎを予防し、さらに、ほかの効果も期待できます。

①適度な量の食事を良く噛んでゆっくり食べてください。1口入れたら箸を置いて最低30回噛んでください。満腹中枢が刺激されて食事の量が減ります。

②食べる順番を、野菜→汁物→タンパク質→炭水化物と、一番最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べてください。炭水化物を最後に食べるのが太らないための最大のポイントです。

炭水化物をを空腹の時に食べると、血糖値が急激に上昇してしまいます。すると上昇した血糖値を下げるためにインスリンと言うホルモンが大量に分泌されてしまいます。このインスリンは脂肪も溜め込む性質があるのです。

ポイント2画像 体内に毒素や有害物質が入ると酵素が大量に使われます

h-02
喫煙や飲酒をするとニコチンやアルコールが体内に入ります。体の中では毒素として認識され解毒するためにニコチンやアルコールを分解して排出しようとします。この時に大量の酵素が使われます。

体外へ除去する時に使われる酵素が「抗酸化酵素」です。抗酸化酵素は活性酸素が発生した時に使われます。活性酸素が発生する原因は、ごく身近なところに幾つもありますのが日常生活で注意する必要があります。

  • 排気ガスやPM2.5など汚れた空気。
  • 紫外線や電磁波など。
  • 激しい運動。
  • 食べ物に含まれる添加物や薬などの解毒。
  • アルコールやタバコに含まれる化学物質。
  • ウィルスや細菌に感染した時。

   

ポイント3画像 ストレスを緩和するために大量の酵素が使われる

h-03
精神的ストレスを受けると人体に様々な影響を与えることが解っています。血圧を上昇させたり、うつ病になったり、自律神経失調症になったりと悪いことばかりです。

ストレスを受けると体内では、精神のバランスを維持するためにストレスを緩和する物質であるセロトニンを分泌します。セロトニン作り出すときに酵素が必要になります。

ですからストレスを感じたら、好きな映画を見たり、音楽を聴いたり、カラオケで歌をうたったりして気分転換して、ストレスを受けない生活を心がけるのも酵素の消費を抑える秘訣です。

いかがですか、知らない内に酵素を無駄遣いしていませんか?

まとめ 体内酵素を大切に使おう♪

人間が生涯に作ることができる酵素の量は、人それぞれ決まっています。しかも老化により毎年少しずつ作る量は減少します。酵素が減少すれば、基礎代謝や新陳代謝が低下します。人が1日に消費するエネルギーの70%が基礎代謝で消費するエネルギーです。

つまり基礎代謝が落ちると消費するエネルギーが激減するので太りやすくなるのです。だから基礎代謝を高めれば、痩せる体質になれるのです。基礎代謝を高めるには、筋力の維持と酵素不足を解消することです。

その努力をしているのに・・・一方で体内にある酵素をガンガン無駄遣いしていては穴のあいたバケツに水を注ぎ続けているのと同じです。

ここを食い止めなければ、酵素ダイエットといえども痩せません。すでにある酵素を大切に使う!酵素ダイエットで最も重要なことの一つです。

そして、もうひとつ重要なのが運動です。これは酵素ダイエットに限ったことではありません。どんなダイエットでも運動は大切です。運動することでより代謝を高めることができ、リバウンドも防げます。

詳しくはこちらの運動はダイエットの力を高める効果がある!のページも参考にしてくださいね。




スポンサーリンク



スポンサーリンク