カシアポリフェノールの作用

トップページ » カシアポリフェノールの役割と効果的なとり方

カシアポリフェノールの役割

焼肉、から揚げ、天ぷら・・・など、美味しい食べ物ほど脂質が多く食べすぎは肥満の原因になってしまいます。

そんな、油っこい食べ物が大好き!と言う方におススメのダイエット成分が『カシアポリフェノール』です。

カシアポリフェノールは豆科の植物から抽出されるポリフェノールの一種で”カシアノール”とも呼ばれています。

ポリフェノールと言えば、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力が高いことや

コレステロールの抑制作用、脂肪分解機能が高いことはよく知られています。

健康・美容維持などアンチエイジング目的に多くの方が利用されている成分です。

このカシアポリフェノールもポリフェノールの一種なので同じ作用がありますが、

最も注目されている作用は、腸での脂肪吸収を障害する働きです。

 

私たちは食事などで食べ物を食べると胃腸で様々な消化酵素によって消化・分解されます。

脂肪はリパーゼ脂肪分解酵素によって小腸の手前で分解・消化されています。

しかし、リパーゼはその反面、余った脂質を腸で吸収し体内に蓄積させてしまう性質があり

それが、そのまま皮下組織や内臓の脂肪となってしまうのです。

このリパーゼの働きを阻害すれば、体に脂質が溜まるのを防ぐことが出来るのです。

カシアポリフェノールは、このリパーゼの働きを抑制する作用があるとされており

さらに、カシアポリフェノールは脂質を体外に排出する作用も持ち合わせているのです。

こういった作用を持っているカシアポリフェノールは

ダイエットに向いているポリフェノールと言われているのですね。

また、その他の緑茶や赤ワインに含まれているポリフェノールも同じような効果が期待出来ますが

緑茶や赤ワインに含まれているポリフェノールとカシアポリフェノールと比較すると

カシアポリフェノールの含有量は約10倍と言われており緑茶や赤ワインの含有量とは

比較にならないぐらい豊富に含まれているそうです。

そんなカシアポリフェノールを効率良く摂取するにはサプリメントが一番オススメです。