ダイエットや美容や健康維持に欠かせない重要な働きをしている物質が酵素です。

酵素は、食事などで摂ったタンパク質をアミノ酸単位まで分解し、それを再び繋ぎ合わせることによって酵素が作られます。

その酵素のことを体内酵素ともいわれており、体内酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

では、体内で作られている酵素はいつ作られているのでしょうか?

それは、寝ている夜の睡眠時間に作られています。

夜遅くまで起きていて、睡眠時間が少ないという人は酵素が作れにくく、逆に消費されることが多くなり酵素の無駄使いをしてしまうことになります。

朝起きて、サァーこれから1日が始まると言うのに「あー体がだるく重い!」なんて朝から疲れていることはありませんか?

そんな時は体にまだ毒素が残っていることが考えられるんそうです。

寝ている睡眠じかんには、酵素が作られるほかにも、体には害になる細菌やウイルスなど毒素を排泄している時間でもあります。

また、若返りホルモンも言われている成長ホルモンが分泌されるのも睡眠時間なのです。

お肌が新しいひふと生まれ変わりる新陳代謝も、夜の10時から午前2時の間におこなわれると言います。

十分な睡眠時間は、8時間と良く言われており、夜の10時にはベットに入る生活が望ましいのはわかっていますが、それは、現代人には中々難しいものです。

しかし、私たちが寝ている夜の睡眠時間は、体を再生する大切な時間帯でもありますし、酵素をスムーズにつくり、痩せる代謝のいい体にするためにも、なるべく、夜の睡眠時間は十分に摂り体のリズムを整えましょう。