h-12

内臓脂肪型肥満の特徴

肥満には2つのタイプがあります。内臓脂肪型肥満皮下脂肪型肥満です。これは、脂肪がたまる場所によって2つのタイプに分けられています。ここでは内臓肥満型についての内容になります。

内臓脂肪型肥満は、おなか内側の内臓の周囲に脂肪がついているタイプの肥満のことで男性に多い肥満といわれています。上半身に多く脂肪がつくため上半身肥満とかリンゴ型肥満とも呼ばれています。

この内臓脂肪型肥満は、さまざまな病気を引き起こす要因として問題視されています。それは、『メタボ』(メタボリックシンドローム)を引き起こしやすい肥満だからです。

メタボリックシンドロームのメタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」の意味で内臓脂肪型肥満が要因で、高脂血症や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病などを引き起こしやすい状態のことを指します。

動脈硬化や高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、命に関わる心臓や脳の病気の合併症になるリスクも高くなります。また、内臓脂肪型肥満は睡眠時無呼吸症候群も発症しやすいと言うデーターもあります。

なぜ、内臓脂肪は、そのような病気を発症させてしまうのでしょうか。

皮下に溜まった脂肪に比べて、内臓周辺に溜まった脂肪は代謝が活発で血液中の脂質濃度を高めやすいのです。

そのため、動脈硬化が起こりやすくなり、命に関わる心筋梗塞や脳梗塞の合併症を引き起こすリスクが高くなってしまうのです。また、内臓脂肪の細胞からインシュリンの働きを悪くする物質が分泌されます。

内臓脂肪型肥満の原因

h-14

急激に増加した内臓脂肪型肥満の原因は、欧米化した食生活と食べ過ぎ、さらに運動不足が一番の原因と考えられています。つまり、摂取カロリーの方が消費カロリーより多いため、 消費できない分が脂肪として内臓に蓄積されてしまいます。

また、女性の場合は、若いころは内臓脂肪型肥満の心配は無かったのに、閉経後にホルモンバランスが変わり体質が変化する増加する傾向があります。

まずは、気になる内臓脂肪を測って見ましょう!

listcheck1 【自分での測定方法!】

空腹時に立った姿勢で呼吸をして、息を吐き終わった時に「へその真上」のお腹周りに巻き尺を巻いて測定します。※このとき巻き尺がくい込まないように注意してください。

測定結果…「男性85cm以上」「女性90cm以上」の人は内臓脂肪型肥満の疑いがあります。

内臓脂肪型肥満は痩せやすい!解消方法

病気を発症させないためにも対策が必要になりますが、内臓脂肪はエネルギーとして燃焼しやすいという長所をもっています。つまり痩せやすいのです。食事療法と運動を実践するとかなりの効果が期待できます。

  • 摂取カロリーに気をつけて栄養バランスのとれた食事をする。
  • 1日30分を目安に散歩などウォーキングする。
  • 腸内環境を整えるための乳酸菌や食物繊維を摂る。
  • 飲酒は適度に抑える。
  • ストレスを溜めこまないこと。

このような生活習慣が内臓脂肪を増やさないポイントですが、まずは、食べる量を少し減らして、ウォーキングを30分だけ実践してみてください。予想以上に効果があり、成果がでるのでおもしろくなりますョ。最初は2週間を目標に続けてください。




スポンサーリンク



スポンサーリンク