納豆のネバネバ成分『ナットウキナーゼ』の効果

nattou日本の食卓には欠かせない伝統の食品『納豆』。この納豆には健康を維持する、体に良い成分がたくさん含まれていることは多くの方がすでにご存知かと思います。

納豆には、ビタミンBやビタミンEが多く含まれていますので、美白や美肌に働く美容作用。また、抗酸化作用や体の疲れを取り除く疲労回復や貧血を防止や目の疲れを取り除くなど・・・。

たった1つの食品から、これだけ多くの働きがある納豆は健康食品の代表といえます。

どころが、さらに納豆には高血圧や高脂血症の方にもおすすめしたいすばらしい働きをする成分が含まれていることが長い研究で分かってきたのです。その成分は『ナットウキナーゼ』です。

この、『ナットウキナーゼ』は納豆のネバネバしている成分に含まれている酵素のことなのですが、血栓の素となる(血液の塊)タンパク質を分解する働きがあるのです。

この、血栓ができやすい人は、中性脂肪やコレステロール値が高い高脂血症、また、高血圧や糖尿病など血液粘性の高い方などで、動脈硬化が進んでいる場合も考えられるのです。すると血栓ができるリスクも高くなってしまいます。積極的に、ナットウキナーゼを摂取できる食事をしましょう。

『ナットウキナーゼ』の効果的な摂取方法

血栓できやすい時間帯は、深夜から早朝にかけての寝ている間が多く、これは寝ている間に大量の汗をかき、体内の水分が減少して血液がドロドロになりやすいのが原因だと考えられています。

ですので、効果的にナットウキナーゼを摂取するには、夕食のときに納豆を摂取すると最も良い時間帯と言えます。

また、ナットウキナーゼには、体内の血液を固まらせる作用があるPAI-1(パイワン)という物質を減らす作用があることも確認されています。

このPAI-1(パイワン)は、内臓脂肪から分泌されるため、肥満時には分泌が増加する傾向があります。内臓脂肪の数値が高い方や、肥満傾向にある方も、是非、積極的にナットウキナーゼを摂取するように心がけるといいですね。

しかし、納豆が体に良いことは分かっているけど、臭いが・・・。そんな納豆の臭いが苦手で食べれないと言う方もたくさんいらっしゃいます。しかし、これだけ体に良い働きがあるなら食べない手はありません。

そんな方におすすめなのが、臭いが気にならないサプリメントです。最近は『ナットウキナーゼ』配合のサプリメントが多く開発されています。健康維持に是非利用されてみてはいかがでしょうか。




スポンサーリンク



スポンサーリンク