body_kanzou_bad

美容や健康の為にダイエットをする人がほとんどだと思うのですが、ダイエットが、ある臓器に異常をきたすことが分かってきたそうです。その臓器は「肝臓」です。肝臓が脂肪でパンパンになってしまう脂肪肝になる恐れがあるのです。

ダイエットしているのに肝臓が脂肪肝になってしまう。その原因は?
ダイエットとリバウンドを何度も繰り返してしまうこと。極端な食事制限で急激な体重の増減が脂肪肝になってしまうのです。

それって、どう言う事なのでしょう?
まずは肝臓がどんな働きをしているのか。そこから見ていきます。

肝臓の働きとは

肝臓は、肝細胞が沢山集まって出来ています。その肝臓の仕事は、

  • アルコールの分解
  • 有害物質の解毒
  • コラーゲン繊維をつくる
  • 鉄の貯蔵
  • 糖の貯蔵
  • ビタミンAの加工
  • ビタミンAの貯蔵
  • ビタミンD3の活性化
  • ビタミンEの代謝
  • 薬の成分を代謝する
  • 血液凝固作用の制御
  • タンパク質の合成
  • アミノ酸の代謝
  • 胆汁酸の生産
  • 非常時に血液を作る
  • 脂肪の貯蔵庫で脂肪の出し入れ

これは、ほんの一例です、肝臓では約500種類もの沢山の仕事して私たちの健康を支えてくれているんですね。

脂肪肝になるメカニズム!

では、肝臓がなぜ急激なダイエットを繰り返すと脂肪肝になってしまうのか?についてです。
私たちの全身を巡っている血管は、脂肪などいろんな栄養素を全身に届けていますよね。

脂肪はエネルギーの素なので血管に適度な量が必要になります。ですが、血管に脂肪が多すぎると肝臓でその脂肪を溜め込むようになります。そして、血液に脂肪が少なくなると、エネルギーが足りなくなってしまうので、肝臓からまた脂肪を送り出しているのです。

つまり、肝臓で血液中のエネルギー量を一定に保つように脂肪の出し入れをして調節しているんですね。

ここからが重要になります!
ですが、極端な食事制限をして急激なダイエットをしてしまう場合は、血液中から脂肪が減ると、肝臓に溜めてある脂肪は放出されないで、皮下脂肪で溜め込んだ脂肪が血液中に放出するようになるのです。その結果、皮下脂肪が減少し痩せることができるのです。

fasting-girl-5ですが、脂肪の貯蔵庫である肝臓では「大変だ血液中に脂肪が多すぎる!」と思い、また、肝臓に脂肪を蓄え始めます。

さらに、ダイエットに成功した!と思い、私たちは安心して食べ過ぎてしまうことありませんか?その余分になった脂肪も蓄えてしまい、肝臓が脂肪いっぱいの脂肪肝になってしまうのです。すると、肝臓の働きも悪くなってしまうのです。

専門家の話では、急激に痩せるのは肝臓の細胞を傷つけてしまい肝炎の数値が高くなるリスクがあることが分かっているそうです。また、痩せると筋肉もおちてしまい、エネルギー消費量が低下し基礎代謝が落ちてしまい、太りやすい体質になってしまいます。

昔は脂肪肝は、お酒好きにの人がなりやすかったのですが、太っている人に脂肪肝が増え、最近は太っていない非肥満の脂肪肝の人が多くなり、その原因が急激な食事制限などのダイエットを繰り返し行っている人が多いことが分かってきたそうです。

このように、お酒を飲まないのに脂肪肝の人は日本の全人口の25%が脂肪肝だと言われているそうです。これは、人間が狩りをしていた時代に、飢餓になると生き延びるために少しでも蓄えようとする機能が、現在もいまだに残っており働いてしまうのです。

脂肪肝になってしまうと・・・

肝臓は糖を貯蔵するところでもあります。ですが、肝臓に脂肪が溜っていると、血液中の糖を蓄える事が出来なくなるので、血液中に糖質が増えてしまい高血糖なってしまいます。この状態をそのままにしておくと糖尿病を発生してしまいます。

実は、血糖は、筋肉にも蓄えれれるのですが、急激なダイエットをすると筋肉も減少してしまうので、筋肉も蓄えられなくなり、どこにも糖分行くことが出来ないので血液中に残ってしまうのです。その結果、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、など命の危険を伴う病気を発症するリスクが高くなります。

自分で危険性を知る方法

自覚症状がないので、血液検査で、ALTの数値が40を超えたら注意が必要!そのまま放置すると時間をかけて肝硬変や肝臓がんになりやすくなってしまう。

では、どうしたらいいのか?対策!

ダイエットは短期間で痩せない事が大切!
例えば、目標は-10キロ痩せる事だとしても、1か月に多くても2~3㎏までにして、半年間の時間をかけて痩せる。さらに運動を取り入れる事が大切。このように、運動と食事が大切!ですが、もう一つ、大切なことが十分な睡眠をとることです。質の良い睡眠は脂肪を効率よく燃焼してくれるのです。

【ポイントは3つ!】

  1. 食事は、ご飯の量を少し減らす程度にする。夜遅い食事はしない。
  2. 運動は、1日30分位のウォーキングをする。
  3. 夜更かししないで早く寝る。脂肪が燃焼しやすくなる。




スポンサーリンク



スポンサーリンク