一般的に、牛乳やチーズなどの乳製品は健康に良いというイメージがあると思います。これは、乳酸菌が入っているということもあるのですが、共役リノール酸が入っていることも大きく関係しています。

共役リノール酸とは、体内のあらゆる組織に栄養を与える役割を持っている不飽和脂肪酸の一種です。その働きは、脂肪を分解してエネルギーとして消費させる酵素のサポートの役割です。また、もう一つ、筋肉細胞が必要とする栄養を送り届けて、代謝を活性化するという働きも持っています。

それを聞いただけでも、共役リノール酸は、代謝を高めて脂肪の燃焼効率をアップさせるというダイエットに適しているよに思いますが、脂肪酸と言うと、名前だけだとなんとなく太りそうなイメージがありませんか?

確かに、脂肪酸は脂質を構成する主成分となるものです。ですが、脂質は体を動かすためのエネルギーですから、絶対に必要な栄養素です。そして、脂質によって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、働きがそれぞれに違うのです。

飽和脂肪酸の場合は、摂取過剰になると、中性脂肪やコレステロールが増加するため肥満のもとになります。だけど、不飽和脂肪酸は過酸化脂質の発生を抑制したり、コレステロールの上昇を抑えます。

不飽和脂肪酸は、オレイン酸、DHAやEPAなどです。そして、共役リノール酸もその一つなのです。最近のTV番組でからだに良い働きをする成分でよく紹介されているので、不飽和脂肪酸が体に対して悪いものではないということが分かりますね。

共役リノール酸の効果としては、直接的なダイエット効果はありません。ただし、脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化するという働きがあるので、脂肪の燃焼を促進してくれるのです。つまり、脂肪が溜まらないように、酵素に対して働きかけるので、脂肪の蓄積を防ぐことが出来るのですね。

さらに、筋肉細胞に対しては栄養をしっかり送るので、筋肉を増強して基礎代謝量もアップさせるから 高いダイエット効果が期待出来るのです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク