テレビ番組「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介された、多くの人が関心を持ったのが痩せるホルモン『GLP-1』です。

『GLP-1』は、誰もが持っているホルモンですが、やせている人に共通して多く分泌されているそうです。

『GLP-1』が多く分泌される人は、太りにくいため、運動や食事に気をつける必要がないと言います。

やせるホルモンGLP-1は、食後に小腸で分泌される消化管ホルモンで、血糖値の上昇を緩やかにし、すい臓に働きかけてインシュリンの分泌を促進します。

肥満大国アメリカではすでにGLP-1を使用した製剤が肥満の特効薬として認可されていますが、日本では現在、糖尿病の治療薬としてのみ認可されているのが現状。GLP-1は生活習慣病の医療用にと日本でも期待を集めている物質です。

GLP-1の分泌量を増やすには?

GLP-1の分泌される量は、人によって個人差があります。番組では、【太る人】と【太らない人】を実験しました。

その結果、やはり痩せている人ほど、やせるホルモン『GLP-1』が出ていると言う結果に。しかし、『GLP-1』の分泌量を増やすことは誰にでもできるそうです。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

GLP-1は、小腸を刺激すると分泌量が増えることがわかっているそうです。

小腸を刺激しGLP-1の分泌量を増やす栄養素があります。

それは、食物繊維とEPAです。

この2つの栄養素を継続的に摂り続けることにより、痩せるホルモンGLP-1の分泌量が増えるとされています。

厚生労働省が推奨している1日の摂取量を参考にすると良いとされています。

食物繊維 DHA・EPA
1日の目標摂取量 18g 1g
多く含む食材 アボガド、ひじき、かぼちゃ、ゴボウ サバ、イワシ、サンマ、ニシンなど青魚

EPAの摂取は、サプリを利用するのがおすすめ!

この番組の放送後、スーパーの「サバ缶」すべて売り切れてしまうほどの影響力がありましたが、「サバ缶」はナトリウム含有量が多く、高血圧の方などナトリウムの摂取を控えなくてはならない人にはおすすめできません。

「刺身」も醤油の塩分が気になります。そこで、オススメなのが、EPAサプリメントです。これなら塩分を気にせずEPAを十分に摂ることができます。

さらにEPAには、血液をサラサラにしたり、中性脂肪やコレステロールを減らす作用もあります。EPAを多く含むサプリメント上手に活用してみるといいでしょう。




スポンサーリンク



スポンサーリンク